« December 2015 | Main | February 2016 »

振り返り

1)詳細な事実


[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]


-> 今週中に、完成させることを目標にした。astah を使ったモデリングの最初をやることができた。しかし、全体的には、ほんの入り口にたったにすぎない。

下記のみである。

4日目, 105(+105)/1200 min / astah でモデリング。その後、色々検討。


しかも、できたのは、会社にいるときにやったことがほとんどである。

家でやった時間は、60分にも満たないのではないだろうか?


2)原因の分析


時間を確保できなかった.朝はぎりぎり起きて、そんな時間はない。

昼休みは、ブログ書き、他の用事やネットサーフィン。特にsmap の話題を探していた。

夕方は、あまりそのような時間がとれなかった。

家では、やはりみんなが寝ている時間にしかまとまった時間はとれそうもない。


(why)そもそも、あまりやる気がでてこない。わくわくする、というよりは、苦行に近い。

(why)もっと華々しい人工知能の勉強等をやりたい気分である。また、疲れがたまっていた。

(why)残業続きで、生活のリズムがとれていない。朝の運動も十分できていない。


3)本音の感情

やらなくてはならないが、できない。朝早く起きなくては、と思うがだらけたい、という気持ちになる。

自分は、所詮、こんなもんだ、という気持ち。


4)次なる行動

まとまった時間を確保する行動をしよう。やはり、会社での時間を使う。

始業前20分、昼休み30分。定時以降の休み10分 計60分。

そして、それらの時間を確保できるように次の準備をする。

・残業しない。残業することを思うと、昼休みに休息をとりたくなる。

・朝の運動で、ストレッチ、筋トレを
やり、体調を整える。

・睡眠時間を十分とる。23:00 - 5:40 7:45 家出る 7:00ご飯 6:20 シャワー 5:40 運動開始 5:20 起床ブログ 23:00就寝 これは守る

・朝ブログ
・プライベートメールは午後一行う
・提出までのスケジュールを立てる。

そして、日曜日中に提出物を揃える

・振り返りを次の日曜日に行う。


| | TrackBack (0)

最初の1ステップ

コーディングは時間がかかる。
なぜだ。
それは、1ステップを書くまでの時間がかかりすぎるのである。
だから、毎日書いていれば、すぐに1ステップはかける。
しかし、しばらく触っていないコードであれば、
その1ステップに取り掛かるまで、調べ、動かし、考え、、、
と時間がかかるのである。

生産性をあげるには、このような特性を見抜かないとだめである。
単に何ステップ何時間という単純な話ではないのである。


[読書]
絶対に達成する技術 (audible): 途中
[図解]池上彰の 世界の宗教が面白いほどわかる本(audible): 読了

[一日一新]
5分でも時間があれば、20 hours projectを進めるようにした。

[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]
4日目, 105(+75)/1200 min / astah でモデリング。

[中断中20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+00)/1200 min, 25(+0)% 中断(他の優先事項項目がでてきたため)

|

残業

22時まで働くと、家に帰ったあとに何かやろうという気持ちになれない。
せめて、20時にはあがりたいな。

[読書]
絶対に達成する技術 (audible): 途中
[図解]池上彰の 世界の宗教が面白いほどわかる本(audible): 着手

[一日一新]
家に帰って、だらだらした。

[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]
3日目, 30(+00)/1200 min Nothing

[中断中20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+00)/1200 min, 25(+0)% 中断(他の優先事項項目がでてきたため)

|

怒涛の一日

雪で始まった怒涛の一日が終わった。
朝は、子供を自転車で保育園に送って、どうにか会社に到着。
そのまま定時で速攻であがって、保育園と児童クラブのお迎え。
妻は今日は帰りが遅いので、こどもに食事を食べさせて、
あとは、後片付け、洗濯物の取り込み。
風呂も入って、あっという間に22:30。
妻はいつもこんな感じなのだろう。
共働きは、大変だ。
しかし、こんな中でも、自分の夢のための時間を持つ必要もある。
そのための工夫、心がけが必要になってくるのである。


[読書]
絶対に達成する技術 (audible): 途中
ホリエモンのビジネスウィークリーVOL.35 睡眠をしっかりとれば物事はもっとうまくいく(audible): 途中

[一日一新]
雪の中を自転車で保育園連れて行った。

[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]
3日目, 30(+20)/1200 min モデリングの構想を作る

[中断中20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+00)/1200 min, 25(+0)% 中断(他の優先事項項目がでてきたため)

|

根性

雪の道を自転車で通勤。
根性、根性。古臭いけど、根性である。

[読書]
絶対に達成する技術 (audible): 着手
お化長屋 (1985) (audible): 着手
ホリエモンのビジネスウィークリーVOL.35 睡眠をしっかりとれば物事はもっとうまくいく(audible): 着手
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる!(audible): 読了

[一日一新]
こどもが夕方寝て夕飯食べ損ねて、夜中に起きて、食事を手伝った。

[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]
2日目, 10(+0)/1200 min

[中断中20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+00)/1200 min, 25(+0)% 中断(他の優先事項項目がでてきたため)

|

忙しい週末

忙しい週末が終わった。
やりたい、コアの時間はあまり持てなかった、、、
決まった時間にできるといいのだが、、、

[読書]
十代目金原亭馬生 十八番名演集(九) お富与三郎・木更津/お富与三郎・稲荷堀 お富与三郎・稲荷堀(1976.11.16新橋演舞場稽古場)(audible): 読了
絶対に達成する技術 (audible): 着手
お化長屋 (1985) (audible): 着手

[一日一新]
mac に astah をインストールした。
[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]
1日目, 10(+10)/1200 min astah インストール

[中断中20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+52)/1200 min, 25(+5)% 中断(他の優先事項項目がでてきたため)

|

TODOリストとの付き合い方

TODOリストをこなすだけの日々は疲れる。やってもやっても終わりのないTODOリストをこなすだけの人生は、ねずみが回転するおもちゃの中で走り続けるのに似ている。
これは、仕事であっても面白くないだろう。
人生をドライブさせるには、別のリストが必要である。
わくわくするようなリストである。
それを私は、20HOURSプロジェクトでひとつずつやろうと思う。
それが、生活のベースである。
ベース以外の隙間時間で、TODOリストをこなすのだ。
また、TODOリストには、優先順位はつけない。やれる状況になったらすぐにやる。理想は、するべきことができたら、その場で対応してしまうことだ。
もう一度、生活時間の配分を整理すると、

コアの時間: 日々生活で必要なこと、仕事、習慣、20HOURSプロジェクト
隙間時間 : 上記以外の時間、TODOはここでこなす。

コアの時間を早い段階でこなすと、あとは楽なんだがな。

[読書]
先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (audible): 読了
十代目金原亭馬生 十八番名演集(九) お富与三郎・木更津/お富与三郎・稲荷堀 お富与三郎・稲荷堀(1976.11.16新橋演舞場稽古場)(audible): 着手
[一日一新]
20 hours projectを別のものでやろうとした
保育園パパ会OBの飲み会の日程調整を最小人数で行う。
[20 hours project (2/12) UML の論文を自分の納得できるまで作成して、提出する。]
0日目, 0(+0)/1200 min, 0(+0)%

[中断中20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+52)/1200 min, 25(+5)% 中断(他の優先事項項目がでてきたため)

|

仕事が溜まる

仕事がたまって、どうしようね、、、

[読書]
先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (audible): 途中
[一日一新]
ポモドーロをやろうとした。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
9日目, 297(+52)/1200 min, 25(+5)% 24:32-25:24 (右手)

|

通勤が片道2時間になる。
それはつらい。疲れる。
これは、本当にストレスの原因である。
長時間通勤はやめないと、ダメじゃないか?
[読書]
たいていのことは20時間で習得できる: 着手
代書屋 (audible): 読了
世界一わかりやすいマーケティングの本: 読了
[一日一新]
京葉線の目の前の電車にのっていいのか、見知らぬ人に聞いた。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
7日目, 240(+37)/1200 min, 20(+3)% 24:14-24:51 (右手)
8日目, 245(+ 5)/1200 min, 20(+0)% 23:17-23:22 (右手)

|

勤務地かわれと

突然、遠くの勤務地に行け、との話。
勤務地変わるのはいいが、今やってる仕事がどうなるねん。

| | TrackBack (0)

残業

そろそろ残業生活も終わりにしたいな、と思うこの頃。

[読書]
世界一わかりやすいマーケティングの本 (audible): 読了
[一日一新]
車のエアコンにスマホフォルダーをつけた
友人の子供と友人の近くの公園で一緒に遊んだ
夜眠るときに、audible で瞑想のようなものを聞く
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
6日目, 207(+61)/1200 min, 17(+5)% 21:49-22:50 (リズム)

|

怠ける

たった一人の休日出勤。
なかなかやる気がでてこない。
後半は乗ってきた。
しかし、乗るまで時間がかかった。
やはり、人間というのは、誰にも見られていないと
怠けたくなるもんなんだね。
[読書]
日本でいちばん大切にしたい会社 (audible): 読了
[一日一新]
学校行事の手伝いにいった
家のお菓子を会社に持っていった。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
6日目, 146(+25)/1200 min, 12(+0)% 17:45-17:50 (リズム)

|

こども絡みの時間

休みであるが、学校行事とこどもの習い事で大忙し。
こども絡みで、こんなに時間をかけるのが、当然と思っているが、
本当に当然なことなのだろうか?


[読書]
日本でいちばん大切にしたい会社 (audible): 途中
[一日一新]
学校行事の手伝いにいった
家のお菓子を会社に持っていった。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
6日目, 141(+20)/1200 min, 12(+2)% 21:40-22:00 (右手)

|

地図は役に立たない。コンバスを持て。
コンバスとは、心の声のこと。
ざっくばらんに言うと、何かにはまれ。
これを子供の学びの指針にしたとき、どんな子育てになるだろうか。

|

ソフトウェア

連日22時までの残業で、金曜日までくるとさすがに疲れる。
眠い。
しかし、完成させたい。このソフトウェアを。
ソフトウェアを作るのは、やはり時間がかかる。

[読書]
戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (audible): 読了
[一日一新]
家のお菓子を会社に持っていった。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
5日目, 121(+6)/1200 min, 10(+0)% 24:35-224:41 (右手)

|

生産性

開発の仕事は時間がかかる。ある凝縮が必要である。
生産性のことばかりを言わないで欲しい。
単純な時間では計れないものがあるのだ。
単純作業は測定可能だが、頭を使う作業はそうではない。

[読書]
戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (audible): 途中
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる! (audible) by 本田健著: 途中
[一日一新]
郵便の再配達の宛先を会社にした。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
4日目, 115(+12)/1200 min, 10(+1)% 24:58-25:10 (右手)

|

伊藤穣一

MIT メディアラボ所長の伊藤穣一にはまっている。
この人は破天荒な人生を送っているが、話している内容は、極めて本質をついて、まともである。
自分自信に正直な人なんだろう。

[読書]
戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (audible): 途中
[一日一新]
ドットインストールで「Google Maps API入門」を始める。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
3日目, 103(+20)/1200 min, 9(+2)% 24:58-25:18 (左手, 右手)

|

あこがれ力

録画していた、NHK の
「日本賞50周年特別番組 U18 ぼくらの未来「デジタル世代の夏休み」」が面白かった。
ここにでてくる高校生の「あこがれ力」をビシビシ感じた。
このような「あこがれ力」がある人は、無気力になったりしないだろう。
こういった若者を伸ばす社会を。そして、こういった若者が多くでる社会を。


[読書]
書を捨てよ、町へ出よう (audible): 読了
戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (audible): 着手
[一日一新]
アプリ「リアルメトロノーム」をインストールして、ピアノ練習に使う。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
2日目, 83(+28)/1200 min, 7(+2)% 24:09-24:37 (左手)

|

20 hours project

思いつきだが、「20 hours project」を始める。
毎月1テーマ、年間で12のプロジェクトを行いたい。
では、どうなるでしょうか?
[読書]
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる! (audible) by 本田健著: 途中
書を捨てよ、町へ出よう (audible): 途中
[一日一新]
20 hours projectを始める。
[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
55(+55)/1200 min, 5(+5)% 20:29-21:14 (左手)

|

AI による教育革命

今朝の日経で、軽い衝撃的な記事。
AIを使っての学習で、効率が7倍もアップしたという。
一斉授業という方式を見直すことで、これほどの効率があがる。
一斉から個別へ、というキーワードで考えれば、もっともっといろんな分野でAIが活躍するだろう。
もちろん、社員教育など、教育と名がつくものは、すべてこのAIの恩恵に預かるだろう。
ここでは、教師というものの意味がかわってくる。
教師は、知識を運んでくる人ではなく、主に精神的なサポートをするメンターの役割を担うのだろう。

別な話で、いい記事。
20時間で英語や楽器など新しいスキルを身につけるための4つのコツ

これで新しいことをする勇気がわいてくる。

なんでもいいから世界一を目指す。
マニアックな分野を見つければ、世界一をとれるはずである。

私が思いついたのは、Penguin cafe orchestra の "Nothing really blue"という曲について語ることにおいて、世界一になる。
これだけマニアックなことであれば、世界一になれる可能性は高い。

そういった、世界一をたくさんつくること。
これは、面白い試みである。

[読書]
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる! (audible) by 本田健著: 途中
書を捨てよ、町へ出よう (audible): 途中
[一日一新]
墓参りに、車で行く。

|

正月休み

朝、いつまでも寝ていたいものである。
正月休みというのは、そういうものである。

読書]
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる! (audible) by 本田健著: 途中
書を捨てよ、町へ出よう (audible): 途中
[一日一新]
ジョキングで、ももを高くあげるように意識して走る。

|

年賀状

年賀状を短時間で書き終えた。
だんだん、手抜きになる。
来年は、宛先の印刷も頼んで、もっと手抜きになろう。
年賀状も、そのうちなくなるかもしれないね。

[読書]
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる! (audible) by 本田健著: 着手
書を捨てよ、町へ出よう (audible): 途中
[一日一新]
3駅離れたスーパーまで、自転車で買い物に行く。

|

« December 2015 | Main | February 2016 »