« February 2016 | Main | May 2016 »

月曜日はブルー、火曜日は爽快

月曜の朝はブルーだった。
重要なやるべき仕事があったからである。
それを月曜日、どうにか深夜残業でやっつけた。今は火曜日の朝。気分は楽だ。爽快だ。
しかし、ここで気を緩めると、また、次のおもい仕事でブルーになってしまうだろう。
そうならないために、攻めに転じよう。
ガンガンいこう!

| | TrackBack (0)

行動の動機

行動の動機には、主に二つあると思う。
一つは不安、恐怖が動機になる場合。
もう一つは、子供のように積極的にそれをやりたい、という気持ちが動機になる場合である。
スポーツ選手のヒーローインタビューでよくあるのは、プレッシャーを感じた、つまり不安との戦いに勝った、というものだ。有能なスポーツ選手は、不安を楽しむ技術を習得しているのだと思う。
すべての行動の動機を、積極的にそれをやりたい、というのに変換する。
そういったメンタル技術を学んでいきたい。


ピアノ 15分×2

| | TrackBack (0)

アラシックス

何人かの人と面談した。
高齢といっては失礼だが、アラシックスな方が二人。
お二人とも確実に仕事をやってくれそうな安心感がある。やはり経験を積めば、誰でもあるレベルまでいくのだろう。
私も会社内でちやほやされているが、単に経験が長いだけだろ。

仕事、早く移らないと。


ピアノ 10分

| | TrackBack (0)

心はノーと言っている


朝起きたとき、今の方向で良いのか?という気持ちになる。今は人工知能、ディープラーニングなどの最先端の技術を追いかけている。そういったことに時間をかけている。しかし、心はノーと言っているのか?
仏教では、動機が大事だと教えてくれる。今、その動機の部分で、もうちょっと考えた方がいいんじゃない?と無意識が教えてくれているのかも知れない。

ピアノ 15分

| | TrackBack (0)

大規模プロジェクトがうまくいく条件

システム開発の大規模プロジェクトがうまくいく条件を考えてみた。

・メンバー間が助け合う風土、話しやすい雰囲気
・作業内容が明確
・不明点、質問がすぐに解決する環境
・問題を言い出しやすい雰囲気
・必要なスキルがある
・個々のモチベーションが高い
・開発環境
・残業のない職場

大規模では、自分は技術的な力を一作業員としてではなく、
プロジェクトが円滑に進むために使う。


[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
547(+30)/1200 min, 46(+3)%

|

難しいこと

ディープラーニングなど覚えようとしているが、なかなか難しい。
しかし、難しいからこそ、それを乗り越えた時に希少性が生まれる。難しいを理由で諦めてはいけない。そういうことの先に豊穣の大地が広がっているのだから。


ピアノ 15分

| | TrackBack (0)

子供とネット

こどもがyoutube ばかりを見ている。
あまり、いいものではない。
際限がない。
今のところは、クレヨンしんちゃんなどのアニメ中心だが、
あまり見せたくないものも、目に入ってしまうかもしれない。

しかし、今は無制限にみている。
どんな風にしていったらいいのか?
いっそ、ipad なんてなくしてしまえばいいのか?

これは近いうちに結論をださないといけないな。
とりあえず、遠くに隠しておくか。

[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
517(+15)/1200 min, 43(+0)%

|

ジャムセッション駆動人生

大勢を相手にプレゼンと質疑形式の試験。
楽しかった。
なぜ楽しかったと思うのだろうか?
・自分の能力を正当に評価してもらえる人に出会えた。ごまかしはきかない。そのひとたちから見たら、自分の実力は低いと映っただろう。けど、初めて自分を正当に評価していただいたようで、それが嬉しかった。

じゃあ、この楽しさを持続するにはどうしたらいいか?
知らない人に発表する機会を持つ。
知らない人と、一緒に何か作る機会を持つ。
ジャムセッション、ということだろう。
これを続けることが、自分の楽しみ、ということだろうか。
例えば、英語を話して、あるコミュニティに受け入れられる。それはきっと楽しいと思えるに違いない。
ジャムセッションに入るためには、それだけの実力が必要だ。そのために日々の鍛練がある。

ジャムセッション駆動人生。

漱石の言う、自分の鶴嘴をがちりと鉱脈に堀り当てた感触である。

どの楽器が一番自分の価値を最大化するかを見極めること。
そして、その楽器の練習を日々欠かさないこと。

[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
502(+15)/1200 min, 43(+2)%

|

置かれた場所から逃げなさい

やっと試験が終わった。
一時間におよび面談。
しかし、楽しかった。

自分は、もしかしたら、居場所さえ間違えなければ、もっと活躍できるのでは?
と錯覚してしまう。
「置かれた場所で咲きなさい」というのも一つの有益な考え方であるが、
状況と能力さえ許せば、すすんで「置かれた場所から逃げなさい」でもいいのではないか?

今の多重下請け構造のもとで働くのは、いかがなものか?
ここでは、自分はあくまでも、一人月の人間である。
自分のユニークさを磨き、それを発揮するところに行こう!

[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
487(+30)/1200 min, 41(+3)%

|

こんな夢を見た

こんな夢を見た。
プールの男子更衣室で、知り合いが、粉の入った袋を私のバッグに入れようとしている。その粉は明らかにある種の薬物である。やめてくれとお願いするが、どうしてもと懇願されて、渋々承諾した。しかし、冷静に考えると、さっきまでプールサイドで、女性警官と話をしていた。更衣室を出た瞬間に捕まるのは必至である。どうしよう。色々考えたが、更衣室のゴミ箱に捨てていくのが、もっとも良い、という結論にいたる。
ーーーーーーーーー
誰でも簡単に薬物に手を出せる世の中になった。こればかりは、自己責任などといってられない。とにかく確率をさげるために遠ざけることが大事だろう。

ピアノ10分。

| | TrackBack (0)

ジャンプ!

朝のジョキング中、頭上のきのえだに、衝動的にジャンプしてタッチした。
バスケットのジャンプシュートのように。
これから始まる大規模プロジェクトのために自分自身ジャンプしないといけない、その思いが、そのような行動を促した。

スポーツのことが、実際に生きている中での出来事とリンクする瞬間だった。

ピアノ10分。

| | TrackBack (0)

いきなりの長い電車通勤族に。
おかげで一日中、電子機器のお世話になりっぱなし。
スマホの電池は、一日持たない。

夜中、何度か目を覚まし、暗がりの中で腕時計の時間を確認する。
その度に、まだ寝ていようと眠りにつく。
それを3度くらい繰り返して、やっと起きる。
これは、浅い眠りなのだろうか。

もっと、明確な目標を持ちたい気持ち。
もっと、必死になって、取り組みたい。

仕事: 動かす!
技術: モデリング課題
技術: 人工知能

[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
457(+10)/1200 min, 38(+1)%

|

ビッグプロジェクト

It土方の現場を見た。
ある官公庁の大型プロジェクト。
少なくとも2つのフロアを貸し切り状態。
200~300人といったところ。

二重、三重の下請け構造。
恐らく、技術の発展で、将来は同じことが、十分の一の工数でできるようになるだろう。
しかし、その前にこんなビッグプロジェクト自体がなくなるかもしれない。
いずれにしろ、このプロジェクトが終息すると、一挙に人があまりだすのだろう。
そうすると転職もやりずらくなるかな。

[20 hours project (1/12) "Nothing really blue” をピアノ演奏し、動画撮る。]
447(+30)/1200 min, 37(+2)%

|

« February 2016 | Main | May 2016 »