« May 2016 | Main | July 2016 »

人生は苦しみと思った方が生きやすい

人生は、基本は苦でできていると考えた方がいい。
「楽しい」を基本に据えることは、大事であり、子供が動くさいの主な動機になりうる。しかし、大人の社会では、「楽しい」をベースにすると、途端につまづくことになる。

|

朝ヨガをやって、きづかされたこと

朝、ヨガをやる。

https://youtu.be/GZcFKpve-JY

わりと簡単なものだが、気持ち良い。
身体と心がつながった感覚がある。
私が戻ってきた。
この感覚が欲しかったのだ。
基本的には、仕事は、他人の求めに応じて動いている。
忙しいと、ほぼ日中が他人の要求に応えることに費やされる。
そのうち、自分が何をしたかったのかがわからなくなってくる。
そんな生活を続けるうちに、自分をどうやって取り戻すか?
というのが、今の重要なテーマであることに、今これを書いていて気づいた。
(書くことが、思考を深めることになるのだと、あらためて思った)

最近の取り組みの、ブログの再開、やりかけのピアノの曲をやりはじめる
走る、それらは、すべて、「私を取り戻す」ためにやっていたのだと思う。


|

遠くと近くを同時に見る

忙しいにかまけて、本当にやりたいことおざなりにしていいのか?
・読書
・子供の教育
・新たな技術の習得
・英語の勉強


人間というのは、どうしても目先のことにとらわれてしまう。
目先の仕事、目先の利益。
しかし、「考える」という行為は、遠くをみる視線を持つことと同義ではないか?
あまりにも遠くばかりみて、現実から疎外されていくのも良くはないが、
目先のことしか見えない状態も、同じように良くない。

遠くと近くを同時に見ること。
難しいことだし、そのための時間も必要だろう。
しかし、それをやろうとすることが大事なのだろう。

|

« May 2016 | Main | July 2016 »